【もう二度寝しない!】iphoneの目覚ましアラームが鳴らない時の解決方法

皆さんは、iPhoneのアラーム機能を使っていてこんな経験をしたことはありませんか??
ほとんどの方がiPhoneのアラームで毎日起きていると思います。
一個の時間だけでは起きれないかもと不安で数回かけていることもあります。

私もアラームを時間別に細々と7個もかけています。
ですが、今日の朝会社に遅刻しました。
原因は寝坊をしてしまいました。原因は、iPhoneのアラームが聞こえなかったのです。
一回きりなら熟睡してたのだろうと諦めますが何度もです。
アラームは寝る前に必ず確認しています。

・ネットで調べて出てきた多くの人が試している方法

なぜ、アラームを設定しているのに鳴らないのだろうと思いネットで調べてみました。
すると、解決方法を見つけました。その方法は、
iPhoneの設定画面に行き、サウンドと触覚を開きます。
ボタン変更がオンになっているとiPhoneの音量ボタンを押してしまうと音量が変わってしまうのです。
なので、iPhoneで動画などを見ていてボタンで変更してしまうとアラームの音が小さくなってしまうのでボタン変更をオフにして、その上の所で音量を大きくしておけばアラームは大きい音でなるよという方法でした。
ですが、私のiPhoneは何度その方法を試してもアラームの音量は小さいままでした。
このままでは、ダメだと思いもっと調べてみることに。
そこで私がアラームの音がどうしても小さくなってしまう原因を発見しました。
この方法を皆さんに教えていきます。

・自動的にアラームの音が小さくなっている原因

私が見つけた方法と原因はここにありました。
まずiPhoneの設定→faceIDとパスコードを開きます。
パスコードを入力する画面になるので自分のパスコードを入力。
次の画面を見ていくと画面注視認識機能という表示が出てきます。今回の原因はここにあったのです。
画面注視機能とは、『画面ロック中に通知を拡げて表示したり一部の通知音量を下げたりする前にあなたが注視しているかどうかiPhoneで確認してくれる機能』
この機能がオンになっていますとiPhoneが傾いたり持ったりロック解除していると自動的にiPhoneの音量が小さくなっていることに気づきました。
この設定方法はインターネットで検索して出てくる記事には記載があまりなかったのです。
なので知らないで私みたいに困っている方が少なくないのです。

アラームをかけているのに音量が小さすぎて聞こえなかった、寝坊してしまったという方は
この方法を試してみて下さい。画面注視機能をオフにしてみましょう。
これでバッチシアラームが確実に鳴り遅刻しないと思います。
会社の上司や学校の先生にに怒られる事も無く快適に朝の時間を過ごすことが出来ますね!
今回の設定方法を皆さん確認して参考にしてみてください。