Mac Pro(2019)メモリ増設は超カンタン!Macの写真共有(シェア)方法も教えます

Mac Proのメモリ増設は簡単にできます。早速やってみましょう。
コンピューターが損傷しないよう、ここで説明する手順に沿って、慎重に作業をしてください。
Apple指定の手順通りに作業をしないで損傷した場合、appleの製品保証は適応されません。

1)まず、説明書をよく読んで、DIMMを取り付ける最適のスロットを確認しておきましょう。

2)Mac Proをシステム終了して、10分以上放置して自然冷却します。中を開ける前に、完全に冷えたか確かめましょう。

3)電源コード以外のケーブル類をすべて取り外し、金属製のケースに触れて静電気を除去してから、電源コードを抜きます。

4)Mac Proを開くには、上部のラッジを起こして左に90度回します。

5)カバーを真上に持ち上げて外し、そばに置いておきましょう。

6)このDIMMカバーラッジを左にスライドさせてホールドすると、上段のDIMMスロットのカバーのロックが外れます。

7)左側からカバーを引き出して外し、そばに置いておきます。

8)同様にして、下段のDIMMスロットのカバーも取り外しましょう。

9)使用中のDIMMスロットの両側にある、DIMMイジェクタを開きます。

10)DIMMを取り外すには、両端を掴んでまっすぐ手前に引き抜きます。DIMMの後部にある、金色の端子部分には、触れないように注意してください。

11)新しいメモリを取り付けます。適切なスロットにDIMMの位置を慎重に合わせ、しっかり押し込みます。

12)両端に均等に力をかけて、奥までしっかりと押し込んでください。カチッという音がして、DIMMイジェクタが閉じたら取り付け完了です。

13)DIMMカバーを元どおり取り付けるには、カバーの右側をDIMMの上にかぶせて位置を合わせ、カチッという音がするまで、カバーの左側を押し込みます。

14)Mac Proのカバーを元どおりに被せ、ラッジを右に90度回してから、所定の位置に寝かせます。

15)では、電源コードを接続して、ケーブル類をつないで、電源ボタンを押して起動しましょう。
(電源ボタンの横のランプがオレンジ色に点滅する場合は、Macが起動できないことを示します。種類や速度の違うDIMMが混在しているか、DIMMが正しく取り付けられていません。)

16)起動したら、appleメニューから『このマックについて』を選択し、メモリタブをクリックしてMac Proのメモリ容量を確認しましょう。
(DIMMを装着したスロットが間違っている場合は、macOSが知らせてくれます。)

以上、Mac Proのメモリ増設方法の解説でした。

あと、お問い合わせが多いのでこちらもご紹介しますね。
Macから写真を共有する方法についてご説明いたします。
まず、「写真」アプリケーションを開き共有したい写真をクリック。
複数の写真を選択したい場合は「command」キーを押したままクリック。
写真を選んだらツールバーの「共有」ボタンをクリックし、共有方法を選びます。
「共有アルバム」「メール」「メッセージ」等、アイコンが表示されます。

例としてメッセージで送ります。
宛先を選び、メッセージを入力し「送信」をクリック。
「control」キーを押しながら写真をクリックする。
もしくは、写真を右クリックし「共有」をクリックしても共有方法を選択できます。

お気に入りの1枚をデスクトップの壁紙にすることもできます。
まず、壁紙にしたい写真をクリックしツールバーの「共有」ボタンをクリック。
「デスクトップピクチャを設定」をクリックし完了です。
写真を共有する方法は他にもあります。ぜひお試しください。