やさしいiCloudファイル削除方法|iPhoneの容量アップも安心

今回は、Appleのクラウドである「iCloud」の容量がいっぱいになったときに使える、
「iCloud内の写真ファイルを消す方法」について説明します。

まず、Google検索で「iCloud」と入力して検索し、一番最初に出てくるサイトにアクセスします。
もしくは、URL欄に直接「icloud.com」と入力します。
これで、iCloudのサイトの画面が表示されます。

次に、IDとパスワードを入力し、iCloudにサインインします。
IDは「○○@icloud.com」と入力してください。
パスワードが分からない方は、携帯電話の契約書などを参考にしてください。
Apple製品を買った際には必ずiCloudのサインインをしなければならないので、
必ず契約書にパスワードが書いてあると思います。

サインインした後の画面から、今回消す「写真」のアイコンを選択します。
表示に時間はかかりますが、iCloudに保存された写真ファイルが表示されます。
写真を消すには、まず消したい写真ファイルを選択します。
そのあと、右上のごみ箱ボタンをクリックします。
「項目をご利用すべてのデバイスから削除しますか?」と出るので、
「削除」をクリックすると、選択された画像が消えます。

これで、ファイルはiCloud上から消えます。

もし、iCloudから共有してiPhoneに残していた写真ファイルがあったら、
iPhoneの方のファイルも消えるので、必ずバックアップを取っておいてください。
バックアップは、USBでiPhoneとパソコンを接続すると、
パソコンからiPhoneのデータを見ることができるので、
ここからデータをコピーして、バックアップをしておくと良いです。

他にも、iCloudの「写真」画面では、
写真をダウンロードする、共有する、アルバムに追加するなどの機能があります。
また、画像をアップロードして、瞬時に同期できるので、
iPhoneでアップロードした写真を、iPadで編集することができます。
ぜひ試してみてください。

写真を消す方法は簡単なので、もしiCloudの容量がいっぱいだという人はやってみてください。
やり方が分からなければ、お店の人に相談してやってもらってもいいと思います。