iphone データ移行 パソコンで簡単にする方法があります!

iPhoneのデータ移行には、「iCloud」を使う方法と「iTunes」を使ってやる2パターンがあります。
「iCloud」はスマホ1つでできますが、「iTunes」はPCが必要になります。
PCがある人は、PCを使ってデータ移行することをおすすめします。その理由は、3つあります。
1.カバーできるデータ範囲が広い
「iTunes」の音楽の引継ぎはPCを使わないとできません。
2.やり方が簡単
3.データの容量を気にしなくていい
PCの容量にもよりますが、スマホで移行するよりも多くの容量を移行できます。
「iCloud」で移行する場合、5GB以上は有料となってしまいます。
では、やり方を紹介します。

引継ぎをする前に「iTunes」の「環境設定」から「デバイス」を開きます。
そこで、「iPad、iPhoneおよびiPadを自動的に同期しない。」にチェックが入っていることを確認します。
チェックを入れたら「OK」をクリックします。
次に、スマホのアイコンをクリックします。バックアップ欄から「コンピュータ」、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックが入ってることを確認します。チェックを入れたら「今すぐバックアップ」をクリックします。
バックアップが開始されます。
ちなみに、外付けハードディスク(HDD)にバックアップする場合の方はバックアップする前に設定すべきことがあります。
まず、「ターミナル」というアプリを起動します。
起動したら、「ln_-s_」(_は半角スぺース)と入力します。
次に、外付けHDDにフォルダを新規作成します(フォルダ名:Backupとします)
そのフォルダをドラック&ドロップします。
その次にデバイス欄「マイコンピュータ」から「Macintosh HD」をクリックします。
「ユーザ」から家のアイコンをクリックします。その後、「ライブラリ」をクリックします。
「ライブラリ」ファイルは隠しファイルになっています。
もし、表示されない場合「Ctrl + Shift + .」で表示できます。

「ライブラリ」から「Application Support」の中に「MobileSync」があります。
そのフォルダをドラック&ドロップし、「Enter」を押します。
そうすると、HDDにショートカットフォルダが作成されます。
そのフォルダを右クリックで「オリジナルを表示」をクリックします。
ちゃんとバックアップできているか確認方法ですが、「iTunes」から「環境設定」、「デバイス」と開き、デバイスのバックアップ欄に履歴が残ってるとバックアップ成功となります。

外付けHDDは、「Backup」フォルダを開きフォルダがあるとしっかりバックアップができていることになります。
次は、新しいiPhoneへ復元する方法を紹介します。
まず、PCとiPhoneをUSBで接続します。そこで、「iPhoneを復元」をクリックします。
そこで、「“iPhoneを探す”をオフにする必要があります。」と表示されたらiPhoneの「設定」から一番上の自分の名前のところをタップします。そこから、「iCloud」、「iPhoneを探す」へ行きオフにします。
オフにしたら「OK」をクリックし、もう一度「iPhoneを復元」クリックし「バックアップ」、「復元」をクリックします。そうすると、読み込みが開始されます。

読み込みが完了したら、「バックアップを暗号化しますか?」と表示されます。
「バックアップを暗号化」をクリックします。そして、パスワードを入力します。
その後、新しいiPhoneへようこその画面で「このバックアップから復元」でバックアップデータを選択し「続ける」をクリックします。
復元完了後、前のiPhoneに新しいiPhoneを設定と表示されます。「続ける」とタップすると新しいiPhoneをカメラに向けてくださいと表示されます。新しいiPhoneでは「ほかのiPhoneを待機中…」と表示されましたら、表示されているイメージ図を前のiPhoneで撮ります。その後。読み込みが開始されます。
読み込みが完了後、新しいiPhoneが起動します。そこで、各設定を行っていきます。
その後、「iTunesバックアップから復元」をタップしiTunesに接続します。
復元完了後、Apple IDを設定し他の設定も行います。設定完了後、アプリのインストールが開始されます。

以上でiPhoneのデータ移行作業は終わりです。
操作は簡単だと思いますが、データをバックアップして復元するのでそこに時間がかかるのは少し難点な部分です。