iPadでトラックパッド対応キーボード使うならBrydge pro +とTracPoint Keyboard Ⅱ比較と使用レビュー

スポンサーリンク

今日はiPadで仕事をする方にとっては必需品となるキーボードについてお話します。
普段私はWord、Excel、Power Point等を使って毎日仕事をしていますが、アプリの特性上文章入力が中心になるので、
ソフトウェアのキーボードだと打ちづらく時間もかかるため、純正のスマートキーボードやApple純正のマジックキーボードを使っています。
細かい作業になるとマウスが欲しいと思うときがありますが、iPad、キーボード、マウスを持ち歩かなければいけないというデメリットが生じます。
そこで気になる製品がありましたので紹介します。

Lenovo『ThinkPad TracPoint Keyboard Ⅱ』
ご存知の方もいるかと思いますが、キーボードの真ん中に赤いトラックポイントがあり、
ここに指を置いて動かすことでカーソルの移動ができます。初代の製品がAmazon等で
購入できるのですが、正規ルートではなく出品者の方から購入することになるので
非常に高価になっていますが、こちらの製品は正規ルートで適正な価格で購入できるかと思います。
非常に良い製品なのですが、iPadに装着できるものではないので、
持ち運びは少し不便かもしれません。

Brydge 『Brydge Pro +』
Brydgeという海外のサードパーティの製品ですが、『Brydge Pro +』という製品が
発売されると言われています。この製品にはトラックパッドが付いていますが、
iPadでこのトラックパッドが使えるのかという疑問がありますが、見てみるとiPadに直接装着できるタイプで、
更にマルチタッチで操作可能な製品です。
恐らく購入後に設定からアクセシビリティで操作をしてマルチタッチができるのではないかと考えています。
こちらのキーボードはバックライトもついていますし、1回の充電で数ヶ月使えるというところも魅力的なポイントです。
実は私、このBrydgeのiPad用のキーボードを以前使っていたことがありますが、
正直なところ打鍵感があまり好きではなく重かったです。

スポンサーリンク

iPadと一緒に持ち歩くのであればノートPCを持ち歩いたほうが良いと感じるほどでした。
今回の製品の重量がわかりませんが、トラックパッドとマルチタッチがついて、
スクロールもできますので、こちらは購入し、後日レビューをしたいと思っております。
この製品を持つと、マウスが必要になる場面はなくなると思いますし、新幹線や飛行機の
中で作業をする場合には非常に良いと思います。
新幹線等の机はiPadを置くだけでも手狭になってしまうので、トラックパッド付きの
キーボードを使うと快適に操作ができるのではと思います。
サイズは12.9インチと11インチがあり、開きも180度です。
重さと打鍵感が非常に気になります。量販店には置いていないと思いますので
購入は賭けになってしまいますが、試してみたいと思っています。