iMovieにYouTube音楽を入れる方法&音楽CDをiPhoneに入れる方法を分かりやすく解説

スポンサーリンク

YouTubeの音楽をiMovieに取り込む方法

今回はiPhone(アイフォン)を使ってYouTubeの音楽をiMovieに入れる方法をシェアしたいと思います。
まず初めに「DOCUMENTS」というアプリをダウンロードします。

次にYouTubeから使いたい音楽を選曲します。
「共有」ボタンから「リンクの共有」、「コピー」を選択します。
WEBブラウザをたちあげ
検索バーに「YouTube to mp3」と入力します。

そうするとURLをmp3の音源に変換してくれるサイトが出てきます。
今回は「YouTube to mp3 Converter」というサイトを使用します。
検索バーに先ほどコピーしたURLをペーストします。
「mp3」が選択されていることを確認して「convert」ボタンを押します。

変換が完了したら「download」ボタンを押します。
(関係のないページが表示されますが削除して大丈夫です)
iPhoneの共有ボタン(箱から矢印がでているようなボタン)を
クリックし、「コピー」を選択します。
コピーができたらホーム画面に戻り
DOCUMENTSのアプリを立ち上げます。
アプリ画面右下にあるコンパスのアイコンをクリックし
検索バーに先ほどコピーしたmp3のURLをペーストします。
「ファイルを保存」が出てきたら「完了」を押します。
これでダウンロード完了です。

DOCUMENTSアプリの「download」フォルダから
取り込んだ音楽を聴くことが出来ます。
ここのフォルダの音楽はオフラインでも聞くことが出来ます。

最後にiMovieに取り入れたい音楽を選択し
アイコン右下の「…」ボタンを押します。
「共有」のアイコンを選択し「iMovieにコピー」をクリックします。
iMovieで「プロジェクトを選択」画面がでてくるので
プロジェクトを選択すると、音楽を入れることが出来ます。

スポンサーリンク

CDの曲をiPhoneに入れる方法についてお話します。
まずパソコンからiTunesを開きCDをパソコンに取り込みます。
インポートされたものは「最近追加した項目」に表示されます。
画面右上の青い丸をクリックし
「アルバムの情報」を選択し、「アートワーク」を選択します。

同時にYahooやGoogleをたちあげ入れたい曲の画像を出します。
好きな画像を選択し、右クリックで「名前を付けて保存」を選択します。
画像を自分のパソコンに追加します。

iTunesに戻り「アートワークの追加」で保存した画像を選択します。
これでジャケット写真を付けることが出来ます。

次にiPhoneに曲を入れていきます。
iTunesの画面左上のiPhoneのアイコンをクリックし
iPhoneの状況画面から「同期」をクリックします。

動機が終わると画面左上に三角形の「取り出しボタン」が表示されます。
そこをクリックすると取り外しOKです。