2020年iPhone12リーク 5G対応とカメラ性能はこうなる予想

今日は、少し早いですが、iPhone12のリーク情報がでましたので、紹介させていただきます。
なにが変わるのかという話なのですが、大きなところでいうと
噂ではずっと言われてはいましたが、5G対応になります。
5Gというのは、ご存知の方が多いかと思いますが
通信速度が今の4Gからかなり速くなります。
理論値的には100倍くらい速くなるのではないかと言われており
かなり通信速度が速くなったものにも対応できるという事になります。

実際、5G対応に、機種の方はなっていても、5Gのインフラが整うのは
やはり何年かかかるので、すぐにメリットが得られるということでは無いのですが
機種を買って何年かしてインフラが整った時に、いち速く対応できるという事で
今回のiPhone12も5G対応になってくるようです。
まず、iPhone11との、サイズとバリエーションの違いです。
バリエーションは、iPhone12が6.1インチ、iPhone12 Proが5.4インチ
iPhone12 Pro Maxが6.7インチということで
この3つのバリエーションは変わりません。

サイズの違いですが
iPhone11とiPhone12は同じ6.1インチで
iPhone11 ProとiPhone 12Proが5.8インチから5.4インチと、若干小さくなるのに対し
iPhone 11Pro MaxとiPhone12 Pro Maxは6.5インチから6.7インチと
若干大きくなるということです。
なにが良いかというと、手ごろなサイズが良いのか
それとももっと大きい方が良いのかというニーズがそれぞれあり
そこはお客様が選べるというところです。
見やすい大きな画面が良いという方はiPhone12 Pro Maxを
ポータビリティーと言われる、持ち運びや操作のしやすさを重視される方は
iPhone12Proを選ばれるのをお勧めします。
このように棲み分けが、よりはっきりするのではないかと思います。

デザイン面では大きく変わると言われており
今までは、端の部分が丸まったデザインだったのに対し、昔のiPhone4sのような
少し角張ったデザインになるのではないかと言われています。
しかも、縁の部分が金属製のフレームを使って
どちらかというと、スタイリッシュというよりはガジェット的な
イメージになるのではないかと予想されています。
この他、ノッチの部分が無くなるか小さくなるのではと言われており
よりスッキリと画面が見えるのではないかと言われています。
ディスプレイが全モデル有機ELを使用するという事で
電池の持ちもさらに良くなるのではないかと思われます。

次にカメラですが、iPhone11でタピオカレンズと呼ばれ、酷評する人もいましたが
まあまあ悪くないのではないかと個人的には思っています。
iPhone11ではレンズが3つだったのですが
さらに進化し、iPhone12で、4つのレンズがつくようです。
iPhone11でも広角、超広角や望遠機能などがありましたが
それに加えてToFと呼ばれるTime of Flightという機能が付くようです。
この機能は、3次元情報が計測でき、3次元空間を計測する事で
立体の認識速度の認識精度が高まるという機能です。
これから来るAR、拡張現実というものを実現するのに期待をされています。
写真などを撮っても、奥行を感じられる表現になったりと
より現実に近い、2次元なんだけど立体を表現できるようなカメラが
実装されるのではないかと言われています。

動作もかなりハイパフォーマンスになると言われており
CPUがA14のBionicプロセッサを搭載するという事と
メモリも6GBで、かなりサクサク動くと思われます。
さらに、プロモーション採用で、リフレッシュレートが120Hzになるということで
よりスムーズな画面表示ができるのではないでしょうか。
これは予測の範囲内ですが、iPhone11にApple Pencilが対応されていなかったので
今回はApple Pencilの対応がされるのではと言われています。

iPhone12になって、アップグレードもしていますし
今までとは違った機種になって、大きく変わるのではないかと予想しています。
私はiPhone11は購入を見送ったのですが、iPhone12が出たら
この3シリーズの中でどれかを購入しようと思えるくらいの
アップグレードはされていると期待しています。
今後は、Appleがどんどん進化して
より使いやすく、生活を楽しくするような知恵を出してくれることを期待して
これからも情報を発信していきたいと思います。