iPhoneで入れるべき必須アプリと便利すぎるSiriショートカット方法

iPhoneで入れるべき必須アプリ

Spotify(ストリーミングアプリ―音楽が探しやすいデザインで、新しい音楽を聴きたくなる。)
・とにかくUIがきれいでまとまっている。
・普段聴く音楽に合わせてSpotifyがプレイリストをつくってくれるが、そのセンスもとにかくいい。
・無料期間もある。

Smart Parking(ビーコンを使用した次世代駐車場アプリ―スマホだけで決済)
駐車場にある三角コーンにビーコンが内蔵されており、スマホをかざすだけで決済が完了する次世代の駐車場アプリ。

Perfect Video(ビデオ編集アプリ―iphoneでちゃちゃっと動画編集。これさえあれば、スマホだけで大体の動画編集が可能。)
スマホアプリだからと言ってあなどれない。大体のことであればこのアプリでことが済む。有料アプリですがそれだけ出しても十分価値あり。

Day One(クラウド日記アプリ―日記だけでなく、写真・場所・天気も記録できる)
ただの日記アプリではなく場所を記録してくれる。過去に行った場所に行くと、その時に書いた日記を通知してくれます。
1Password(パスワード管理アプリ―カテゴリわけがしやすい)
iphoneの純正の管理アプリよりも分かりやすくてお勧め。

Tweetbot(Twitterクライアントアプリ―UIが使っていて心地良い。未読ツイートの数が一目でわかる!)
未読の件数が分かるので全部読み切るのにあとどれくらい時間がかかるのかというのを把握することができる。

NewsPicks(ニュースアプリ―ソーシャル経済メディア。ニュースについて、著名人のコメントを読むことができる。)
ずらっと並ぶ記事の下に、著名な方がこの記事に対しての意見をコメントしてくれている。この記事に対して偉い人はどういった感想をするのかといったことが読めるので非常に勉強になる。

Smooz(ブラウザアプリ―高速な検索にとにかく特化したアプリ。ジェスチャー機能も非常に使いやすい。)
ブログ画面の右端をスライドするだけで、画面がスクロールする。
画面下の検索ボタンを押すと、新規タブが開きます。
例:キャッシュレスについて検索→Googleの検索結果画面→気になる記事は「新規タブ」を押す→押しても画面は移動せず、裏ではすでに読み込まれているので画面を左右にスライドするだけで、見たかった記事を行き来することができる。

便利すぎ!Siriショートカット―iphoneのウィジェット機能

Siriショートカット(自分でiPhoneをカスタイマイズすることができる機能)
例えば折り紙ペイというところを押すとOrigami Payが起動。右上の矢印を押すと、普段使っているショートカットが一覧される
・Wifi完全オフ
今のiOsだと、こちらの画面からwifiを切ろうとしてもこれは一時的にwifiが切れているだけで、一定時間経つとオンになるが、作成したショートカット「Wifi完全オフ」を押すだけで、完全にwifiがオフになる。
・Clip board Manager(過去のコピー履歴を表示)
直近でコピーしたワード10個までを記録してくれる。2、3個前までを記録したものをまた使いたいというときはこちらをタップするだけで一覧が表示される。
・家への経路
旅行に行ったときは、こちらを押すだけで、google mapが起動してナビ案内してくれる。
・Widget Cal(カレンダーアプリ―スケジュール帳のように確認できる)
純正のカレンダーアプリ、およびgoogleアプリは、予定がある日を押さないと内容が確認できない、という仕様になっているが、こちらのWidget Calであれば文字は小さいが一覧でざっと予定を見ることができる。これをWidgetに入れておけば、ホーム画面からスライドするだけで予定確認。
・リマインダーアプリ(Todoリスト―いかに早くチェックできるのかがポイント)
・メルカリ(残高とポイントが一覧で把握できる)
・メモ
iphone11になってから3Dタッチがなくなったため、チェックリストを起動したいときはWidgetから瞬時に開き、メモしたいことをすぐに記録することができる。