NTTドコモ解約方法、解約金、必要なもの、委任状ダウンロードはこちら

スポンサーリンク

ドコモ解約方法

解約には2つの種類があります。
1つはドコモを解約、NMPを利用して新たに契約する会社へ新規移転する。
例:ドコモ→MVNO格安スマホのIIJmio(みおふぉん)など。

2つは、今後は携帯(スマホ)持つ必要が無いので、ドコモを完全に解約する。
それぞれ解約方法が異なりますので、目的別にご覧ください。

NMPを利用した解約手続き方法

 

①:「NMP予約番号」を下記の方法から取得する。
お電話/web(パソコン・スマホ)/店舗から取得できます。

・お電話でNMP予約番号を取得する方法。
※受付時間:午前9時~午後20時(年中無休)

ドコモ携帯(スマホ)から「151」で発信。
音声ガイダンスの通り「4」→「2」を押すとオペレータに接続されます。
オペレータへ「NMP予約番号の取得を希望」とお伝えください。
固定電話、ドコモ以外の携帯(スマホ)の方は、
電話番号:0120-800-000 からお手続き可能です。

・WEB(パソコン・スマホ)からNMP予約番号を取得する方法。
※受付時間:午前9時〜午後21時30分(24時間受付ではないので注意)

【My docomo】ログイン→【携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)】→予約番号をメモ

・ドコモショップからNMP予約番号を取得する方法。
※受付時間:店舗によって営業時間が異なります。

②新たに契約する会社(ショップ)へMNP予約番号を申告する。

予約番号の有効期限は15日間です。その期間に新たに契約する会社へNMP予約番号を申告しましょう。

※MNP(電話番号をそのまま)乗り換え先でも使う場合、手数料として2,000円が発生します。

ドコモを完全に解約する方法

今後は携帯(スマホ)持つ必要が無いなどの事情でドコモを完全に解約する場合は、ドコモショップ店舗に直接行く必要があります。
※電話・WEB(スマホ)では お手続きができませんのでご注意ください。

 

ドコモの解約金はいくら必要?

ドコモ解約金が必要な料金プラン/割引サービスの一覧。

※2019年3月に定期契約の満了を迎える方から、解約金が必要ない期間が変わります。詳しくはドコモショップへお問い合わせください。

※1: フリーコースの場合、解約金は必要ありません。
※2: 2年定期契約満了後は、解約金不要は必要ありません。
※3: 2014年8月31日を期日に新規のお申込み受付を終了。
※4: 以下いずれかの条件を満たした場合となります。
・Xiへ契約変更時に、2年定期契約型割引が未契約で継続利用期間が10年を超えている。
・タイプXi にねんの契約更新時に、継続利用期間が10年を超えている。
※5: 2014年1月31日をもって新規お申込み受付を終了。

スポンサーリンク

※更新期間(契約満了月の翌月と翌々月)に、解約や定期契約のない料金プランへ変更などのお申出がない場合、自動更新となります。
※契約期間/契約満了月は、請求書やMy docomo(マイドコモ)の「ご契約内容確認・変更」画面で確認できます。
※金額はすべて(税抜)です。

画像引用元:NTTdocomoお客様サポート/よくあるご質問(FAQ)より。

そしてもう一つ、忘れてはいけないのが、今使っている端末(携帯・スマホ)の残債です。2年契約だと月々で分割していますね。
端末代金分割金の確認は、My docomo(マイドコモ)から確認できます。

ドコモ解約に必要なもの

解約に必要なものは、ドコモのUIMカード本人確認書類です。
UIMカードは取り出さなくても、店舗スタッフが取り出してくれますので
お使いの携帯・スマホ本体のまま持っていけば大丈夫です。
本人確認書類は「マイナンバーカード」もしくは「運転免許証」のどちらか1点。

あと、解約時にはネットワーク暗証番号が必要ですので、
お忘れの際は事前にWEBの「My docomo」もしくはドコモ携帯・スマホから「151」へ発信して確認しておきましょう。
※ネットワーク暗証番号は新規契約時に登録した任意の数字4桁です。

ドコモ解約(個人)委任状ダウンロードはこちら

契約者本人が解約手続きに行けない場合でも、委任状と必要書類があれば代理人による解約手続きが可能です。
※ご注意:委任状はすべて契約者本人が記入してください。
委任状内容の相違、その他の確認事項のため、ドコモから契約者本人(委任者)へお電話がある可能性があります。

【必要なモノ】
・委任状
・契約者本人(委任者)の※本人確認書類(コピーでもOK)
・代理人の※本人確認書類(コピー不可。原本が必要)
・携帯電話本体(UIMカードが入った状態)
※本人確認書類は「マイナンバーカード」もしくは「運転免許証」のどちらか1点。

→委任状ダウンロード(日本語)

 

解約手続きをスムーズに行うコツ

解約手続きなど時間がかかるお手続きは「来店予約」が便利です。
「来店予約」は希望の店舗、日時を予約して来店すれば優先して案内してくれるドコモ公式のサービスです。

1、【ドコモ来店予約】へアクセス

2、【都道府県】を選択

3、【区・市町村】を選択

4、希望の【ドコモショップ】を選択

5、【この店舗の来店予約をする】を選択

※dアカウントIDが必要です。

ドコモ系MVNO格安スマホの比較

ドコモの端末がそのまま使えるMVNO(格安SIM)を比較しました。
MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用すれば、電話番号そのままで料金が大幅に安くなる可能性があります。
基本的にドコモで購入した携帯(スマホ)端末ならSIMロック解除も必要なく使えます。

イオンモバイル

イオンモバイルはデータ専用3Gの月額480円(税抜)からシェア音声50GBプラン月額11,100円(税抜)まで幅広い料金プラン。
音声プラン+月額850円で「イオンでんわ10分かけ放題」などオプションあり。
2年契約などの契約期間の縛りなし。もちろん契約解除料金もありません。
つまり、いつ解約しても解約違約金は発生しません。
イオンモバイルは全国イオン200店舗以上で直接アフターサービスが受けられますので、
分からないことは直接イオン店舗で聞けるのは心強いのではないでしょうか。

U-mobile

データ通信SIM月額480円(税抜)から。
「音楽聞き放題アプリ」+「LTE使い放題プラン」月額2980円(税抜)など各種料金プランあり。
全国8万箇所、92,000の場所で無料で使えるWi-fiスポットあり。
音声通話のプランには、動画配信サービスU-NEXTで使えるポイントが毎月600Pもらえます。
映画やドラマが好きな方には嬉しい特典ですね。
カスタマーサポートはメールもしくは電話が基本。
店舗はU-NEXTストア東京都の南青山とアリオ北砂、千葉県のアリオ柏など数店舗あり。

IIJmio(みおふぉん)

今ならキャンペーン価格で音声+通信7GBプラン920円/月(税抜)でお申込み可能。
また、IIJmio(みおふぉん)は、1契約で最大10回線まで高速通信容量をシェアできる
「ファミリーシェアプラン」が特徴です。
大容量20GBと30GBのデータオプションも追加されました。
お得なキャンペーンを期間限定で行っており、月額料金の割引や高速通信データの増量。
SIM+スマホセットを安くできる、新規事務手数料3,000円が1円になるなどメリットがあります。

スポンサーリンク

※当サイトは2019年2月25日現在の情報です。

当サイトの情報・作品画像は下記の公式サイトから引用しています。 比較されている数値や事実を正確かつ適正に引用しておりますが、 不正確な情報があれば、サイト下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願い致します。 速やかに事実を正確かつ適正に修正させていただきます。

NTT docomo公式サイト https://www.nttdocomo.co.jp/

イオンモバイル公式サイト https://aeonmobile.jp/

U-mobile公式サイト https://umobile.jp/

IIJmio(みおふぉん)公式サイト https://www.iijmio.jp/