意外と簡単!icloudストレージ 削除方法|容量不足をすぐ解消

スポンサーリンク

今回は、iPhoneやiPadを使ってiCloudのストレージがいっぱいになってしまった場合の対処法を解説します。
参考例なのであくまで自己責任でお願いしますね。
iPadを使って説明したいと思います。まず、5GのiCloudは無料で使えますが、それを超えると月額料金が必要になりますね。
しかし、そうすると購入して使っているiPhoneに有料になりお金を払う必要が出てきます。
実際、私自身のiCloudのストレージは5Gになる直前まで減りましたが、実験のために2分の1に減らしています。
完全に削除する方法は今後紹介していきます。今回はiPadでやりますが、iPhoneでもそんなに変わらないので安心してください。
「設定」を開いた後、「パスワードとアカウント」をタップします。
そうしたら、「iCloud」をタップします。出てきた画面で「ストレージの管理」を押します。

すると、iCloudのストレージの詳細情報や、「バックアップ」「メッセージ」「Siri」などの項目が表示されます。
ここで、ストレージの料金を支払う場合は「ストレージの情報を変更する」ボタンを押して、50Gが130円、200GB(家族と共有できる)が400円、2TB(家族と共有できる)が1300円と毎月支払うことになります。
お金に余裕のある方はぜひ利用してみてください。解約しない限り永遠に支払い続けることになります。

ちょっと話が脱線してしまったので、本題に戻ります。
先ほども言いましたが、半分に減らして完全削除の方法を紹介します。
まずは「バックアップ」を押します。すると「○○のiPhone」が出てきます。
さらに押すと「バックアップのサイズ」という文字が出てきます。
私の時は、バックアップのサイズが2.68GBと出てきました。
すると下の方に「iMovie」という文字が出てきますが、これをオフにするとiCloudからiMovieのデータが削除されてしまいます。

バックアップを一括で削除したい場合は、このページの上下にある「バックアップを削除」ボタンをクリックしてください。
早めにやっておきたいところですが、自己責任でお願いします。
バックアップの削除」を押すと、「このiPadのバックアップデータをオフにして、iCloudからこのiPadのバックアップデータをすべて削除しますか?と聞かれ、「削除」を押します。

スポンサーリンク

すると、「削除する…」と表示されます。これでiCloudのストレージの中身がこんなにも削除されてしまいました。
ストレージの内容はメッセージとドキュメントだけになり、使用済みのストレージは67.9MBしかありません。
復元したい場合は「iCloudバックアップ」をオンにしてください。
この記事では、iCloudのストレージをほぼ空にする方法を教えました。
これでストレージの節約になりますので、ぜひ試してみてください。