【すぐ解決】iPhone/iPad「メモ」アプリでスキャン保存できない対処方法

スポンサーリンク

iPhone標準「メモ」アプリでiOS11から付いた新機能をご紹介します。
メモアプリを開き、右下の新規作成ボタンをタップして下さい。
したの+ボタンを押します。
「書類をスキャン」を押すと、カメラが立ち上がります。
カメラに書類や本をかざすと自動的にメモ欄に取り込んでくれます。
PDFにして誰かに送ることも出来ます。

書類スキャンできない対処方法、使い方の注意点としては、白いテーブルの上で白い表紙の本等を撮影しようとすると、
iPhoneが本の枠を自動認識出来ず、撮影が難しくなります。
書類の位置がずれてしまったりするので、出来るだけ取り込む物とその下の背景は色の違う物にしましょう。
自動機能が付いているので、iPhoneが自動で書類を認識して撮影されます。
四隅の調整と確認をし、「スキャンを保持」をタップする。
傾きによる歪みが補正されます。
画面左上の完了をタップし、保存をタップすると、メモ欄に保存されます。
メモで文章も入れる事が可能です。書類の意味や追加情報を保存できます。
スキャンした画像はPDFで保存されているので、右上の共有ボタンをタップすると、マークアップというボタンを押します。
PDFの書類にペンやマーカーのツールを使って指で書き込みが可能です。
左上の完了ボタンをタップすると、付け加えた情報が保存されます。
共有ボタンから、誰かにメールで送ることも可能です。
保存しておいて、自分用のメモとしてもオススメです。

文章だと伝えるのが大変な場合でも、取り込んだ画像に書き込んでPDFで簡単に送ることができます。
取り込んだ書類に書き込めば、送られた相手も自分もラクになります。