iPad mini 5 を長期使用したレビューを公開!買ってからでは遅いiPad miniのデメリット

今日はiPad mini 5を使ってみた感想や、どんな人に合うのかをお伝えしたいと思います。
購入を検討されている方等、参考にしていただけたら幸いです。

今回は大きく分けて5つお話しようと思います。
①iPad mini 5のスペック
②私がiPad mini 5をどのように使っているか
③iPad mini 5のいいところ
④iPad mini 5のイマイチなところ
⑤iPad mini 5がおすすめな人

①iPad mini 5のスペック
液晶サイズ:7.9インチでiPadの中で一番小さいサイズとなっています。
重さ:Wi-Fiモデルで305gです。
SoC:A12 Bionic⇒iPad Airと同じ性能を持っています。
Appleペンシル:第一世代仕様
キーボード:純正品なし⇒Bluetoothキーボードの準備が必要です。
価格:45800円(64GB)~
iPad miniは小さいのでエントリーモデルだと思われることが多いのですが、
実際にはエントリーモデル(第7世代 無印iPad) とはスペックが大きく異なります。

■エントリーモデルとの違い
①高性能チップを搭載:無印iPadはA10チップ搭載。
②ディスプレイの性能が違う:iPad mini 5はフルラミネーションディスプレイや
True Toneディスプレイが採用されています。
※フルラミネーションディスプレイ…画面の奥まり感や視差が少なく、タッチした点がズレずに反応する。
※True Toneディスプレイ…周囲の環境に合わせて画面の色温度を自動調節し、
実際の色と人が見た時の色を近づけることができる。
iPad mini 5はiPad Airのサイズを小さくしたモデルだと考えるとスペック的に
わかりやすい表現であり、iPad Airとの違いは純正スマートキーボードの有無です。

②私がiPad mini 5をどのように使っているか
iPad mini 5の他にiPad Pro(12.9インチ)とi macも所持していますが、
その中でiPad mini 5との使い分けとしては、大きく2つあります。
■自宅でサブディスプレイ的な使い方をする。
読書に利用したり、Youtube撮影時に原稿表示用としてそばに置いたりしています。
また、ソファでネットサーフィンやSNSをしたりもします。
使わない時にはアプリを利用し、時計代わりや音楽スピーカーにすることもあります。
■軽装で出かけたい日の作業用端末として活用する。
普段はiPad Proを利用しますが、撮影がない日は持ち歩かないようにしていますが、
ちょっとしたスキマ時間に作業ができるように保険として持ち歩いています。
前述のとおり、画面は小さいですが、スペックは高いので動画編集や画像編集も可能なので、万が一の時に活用しています。

③iPad mini 5のメリット、良いところ
■小さくて軽い
500mlのペットボトルよりも軽いので持っていても苦痛にならず、
カバンの中に入れていても気になりません。手が大きい人は片手で持てることもあり、
満員電車の中でも片手で読書したりできますので、そういった声も多く聞きます。
■小さい見た目から想像できないハイスペック
繰り返しになりますが、小さい割にスペックが高いので動画編集も可能です。
画面が小さいので操作がしにくいという懸念点はありますが、逆を言うとその点を
許容できればiPad ProやiPad Airでなくても問題ないと思います。

④iPad mini 5のデメリット、イマイチなところ
■スマートキーボードが使えない
スマートキーボードが対応していないことにより、Bluetoothのキーボードを
接続したり、別で充電しないといけない等、面倒が多くなります。
iPad mini 5をアウトプット用として使うのであればその点は惜しいところかと思いますが、スマートキーボードは重たいので、iPad miniの軽さや機動力を活かせるキーボードを選択できるという考え方もあります。
■大型iPhoneと用途が被りがち
小さくて軽いことが本機の売りでもあるが、それ故にiPhone11等の大型のiPhoneと用途が被ってしまいがちで、簡単な写真編集や読書に関しては大差がないのが現状です。

⑤iPad mini 5がおすすめな人
■ネットサーフィンやYoutube等のネットコンテンツを存分に楽しみたい人
iPhoneよりも画面が大きいので調べ物が捗ります。また、iPhoneだとYoutubeを見ながらSNSをしたりすることができませんが、iPad mini 5ではスプリットビューで動画を
見ながらSNS等をすることができるので快適です。

■アウトプット作業をしたい人
調べ物や動画鑑賞などのインプットはiPhoneでも事足りますが、アウトプット作業はiPhoneでは限界があります。iPad mini 5 は小さいながらもハイスペックなのでアウトプットも捗ります。
また、システム手帳として使う方もいるようです。重さが305gなので、分厚めの手帳と
変わらないか、もしくは軽いので、値段は高いかもしれませんが、かさばらずに持ち運びに便利であるという声が多くあります。

正直なところ、iPad mini は使う人を選びますので、初めてiPadを購入する場合は無印iPadでも良いかと思います。
iPad mini 5については、普段、iPad Proやmac PCを使っていて、iPhoneとの大型デバイスとの間を埋めたいという人にはオススメです。
また、製品のライフサイクル的にも、新モデルはもう少し先になると予想していますので
これから購入しても問題ないと思います。
iPadの購入を検討している方は、ご自身の利用用途を鑑みて製品を選んでいただければと思います。