重いiPhoneが速攻でサクサク動く方法とiPhoneのwifi(ワイファイ)を強制的に上げる裏技

スポンサーリンク

重いiPhoneを一瞬で軽く動作サクサクにする方法

iPhoneを触っていて動作が重くなったと感じることはありませんか?
今回は、動きが遅くなったiPhoneの動作を軽くする設定方法をご紹介します。
カンタンにできることばかりなので参考にしてみてください。

動きが遅いiPhoneの動作を軽くする設定方法①
アプリのバックグラウンド更新の設定を行います。
使用していないアプリの更新を止めることで、
iPhoneの動きが改善することがあります。
「設定」から「一般」、「Appのバックグラウンド更新」を選択し
必要ないアプリの項目をタップし更新をオフにします。

方法②
必要ないアプリを削除に容量を軽くします。
「設定」から「一般」、「ストレージとiCloudの使用状況」、
「ストレージの管理」を選択し、使用しないアプリを選択し削除を行います。

方法③
iPhoneのアニメーション効果をオフにし、動きを軽くします。
「設定」から「一般」、「アクセシビリティ」を選択し
「視差効果を減らす」をタップしオンにする。
これによりiPhoneのアニメーション効果がオフになります。

方法④
キーボードの予測変換機能をリセットします。
「設定」から「一般」、「リセット」を選択し
「キーボードの変換学習をリセット」をタップしパスコードを入力します。
すると「辞書をリセット」という項目が出るのでタップし完了です。

方法⑤
スッポトライト検索の対象を絞ることにより動作を軽くします。
「設定」から「一般」、「spotlight検索」を選択し
使用しないアプリや検索機能を使わないアプリをタップし
スッポトライト検索の機能をオフにします。

方法⓺
まず初めに電源ボタンを長押しして「スライドで電源オフ」の画面が表示されたら
ホームボタンを長押しします。
※ここでスライドさせて電源を切らないようにしてください
これでメモリがクリアにされ、動作中のアプリも再読み込みが行われます。

【アプリが見つからない】iPhoneのアプリを簡単に見つける方法

iPhoneに入れたはずなのアプリが見つからない!?探しているアプリを簡単に見つかる方法をご紹介していきたいと思います。
あのアプリどこに行ったかなという方がいらっしゃる方がいるかと思います。
そのような時spotlight検索を利用します。
画面の真ん中周辺を下へスライドすると表示できます。
そして検索したいアプリを入力して検索します。
例えば、Good Readerを検索したいと思います。
Goodと入力するとGoodから派生する候補が出てきます。
その中からGood Readerをタップすると起動できます。
これで起動はできますが、どこへアプリがあるのかという疑問が出てくると思います。
その際には、Good Readerすべてを入力します。
そうするとGood Readerのアプリの横にどこのフォルダーへ入っているかが表示されています。
フォルダー内へ保存されていないと表示されません。
フォルダー内にない場合、spotlight検索で表示されたアプリから起動させた方が便利です。
フォルダーが2ページになっている場合、検索するためにとても便利な機能となります。

【機能を追加!】iPhoneのコントロールセンターをカスタマイズする方法!!

ここではコントロールセンターのカスタマイズについて紹介したいと思います。
こちらはiOS11から付いた新機能となります。
コントロールセンターをよく使われている方が多いと思います。
iPhone10以降は画面の右上からスライドすると表示することができます。
iPhone10以前の機種だと画面の下からスライドすると表示されます。
この画面は、wifiをオンオフにしたり、画面の明暗を調整したりできます。
実はこのカスタマーセンターはカスタマイズできます。その方法をお伝えしたいと思います。
初期設定で、フラッシュライト、タイマー、計算機、カメラが設定されています。
この設定は設定アプリから変更が可能です。
アプリを開いて、コントロールセンターをタップします。
次にコントロールをカスタマイズをタップします。
この画面では機能の追加や削除ができます。
自分自身この画面ではアラームを追加します。
追加前は、一度タイマーを開いてからアラーム画面へ移動して変更していました。
そのため、アラームをコントロールセンターでアラームを追加しました。
家ではApple TVを使うので、Apple TV Remoteを追加します。
個人的にお勧めの機能は画面収録機能です。
この機能はコントロールセンターからこの機能を押すと画面そのものを画像として保存できます。
行った工程を残すために便利な機能です。
ご自身のお好みで追加や削除したり、追加した機能を三本線で使いやすいように順番をカスタマイズして頂けたらと思います。

スポンサーリンク

Iphoneのwifi速度を強制的に上げる方法

iPhoneのWi-Fiの裏技をご紹介します。
Wi-Fiをつないでいるのにも関わらず回線が遅かったり切れてしまったりすることがありますよね。
そんなときこの方法を試すと爆速にすることができるかもしれません。
この方法とは「ネットワークの情報を書き換える」ことです。
では実際にやってみたいと思います。

iPhoneの「設定」をひらき「Wi-Fi」をタップします。
使用しているWi-FiをタップしDNSを「8.8.8.8,192.168.1.1」に書き換え、
DHCPリースを更新します。

DNSとは、インターネットの玄関のようなもので
「8.8.8.8」とはグーグルのパブリックDNSで
それを利用することで回線を早くすることが出来ます。

念のためWi-Fiを再接続するといいと思います。
別に「8.8.8.8,8.8.4.4」というDNS番号もありますが
こちらだと公共のWi-Fiでは機能しない場合がありますので
ご注意ください。