【初心者用】Googleカレンダーの使い方、共有方法、通知、Gmail・Googleマップ連携方法

スポンサーリンク

Google カレンダーの基本的な使い方をご紹介します。
Google カレンダーは Google が提供する無料のカレンダーのサービスです。
カレンダーに予定を入れて管理することができて、パソコン・スマホに同じ内容が同期して反映されています。
単に紙の手帳を持ち歩かなくてもいいというだけでも十分便利なんですが、 Google カレンダーにはそれ以上にスケジュール管理を大幅に効率化できる便利な機能が満載です。

他の人とスケジュールを共有する方法

 

Google カレンダーでは、自分のカレンダーを他の人と共有することができます。
会社や家庭内でカレンダーを共有し合うことによって、スケジュール調整をとてもスピーディに行うことができるんです。
たとえばいろんな色で表示さられる。一緒に働いている人たちとカレンダーを共有してもらって、自分も見れるようにしてあ利ます。
他の人のカレンダーが見れるようになっていて、逆に自分のカレンダーも他の人に共有してあるので、他の人の画面には自分のスケジュールが表示される状態になってるんです。
こうやって会社内でみんなのスケジュールをみんなが見られるようにしておくんです。
「自分のプライベートの予定とか、会社の人に知らせたくないん」ということがあると思いますが、プライベートの予定は見せなくていいんです。
仕事とプライベート分けてカレンダーを作成できるので、仕事のカレンダーだけを共有すればいいです。
社内でスケジュールを共有することで、予定を組む時に他の人にいつ会えるかとか聞かなくていいからめっちゃ楽です。

カレンダーを共有しておけば各自が画面を開くだけでも、スケジュールが一目でわかりますのでめっちゃ楽ですよ。
スケジュール調整がとてもスピーディになりますし、予定が被っちゃってどうしようなんてこともなくなりますよ。
あとは個人のカレンダーを共有するだけじゃなく、何かチームで取り組んでいるプロジェクトのカレンダーを一個作ってそれをみんなで共有するという使い方もあります。

ではカレンダーの具体的な共有方法です。
最初のカレンダーの共有の操作はスマホのアプリではできないのでパソコンでやって行きます。
今回は、A という人が自分のカレンダーをBに共有するっていう設定でご説明していきます。
このA さんがパソコンでカレンダーを開いて共有するカレンダーの 横の三つの点をから、「設定と共有」で「特定のユーザーとの共有」がありますので「ユーザーを追加」でここに共有する相手(この場合はB)のメールアドレスを入れます。
それを送信するとBにメールが届いて「カレンダーを共有しましたAでの予定の表示が許可されたのでお知らせします」と表示されます。
Bのグーグルカレンダーを開いてみると Aさんのカレンダーが表示されて、 A さんの予定が表示されてます。
パソコンでもスマホでも同じ予定が表示されるはずなんですけど、表示されてないという時は、上の3本線メニューを開くとチェックが外れた状態でAさんのカレンダーが追加されてます。これをチェックつけるとこれでちゃんとAさんのカレンダーも表示されます。

スマホで Google カレンダーを使って行くときの基本的な操作や便利な機能をご紹介します。
アプリで予定を入力する方法が二つあります。
一つは画面右下のプラスマークを押して、予定のタイトルとかこの時間場所通知などを設定できます。
この時にタイトル入れるところに注目すると、タイトル時間参加者場所を入力と書いてあります。
時間とか選ばなくても直接入力できるんです。
例えばまず予定のタイトルに金曜日と入れると、次の金曜日が表示されので、時間を押して選んで、19時から21時と入力して、場所も入れてて「完了」を押すとちゃんと時間場所のところに登録される。
これで素早く入力できると思います。

予定の作成方法の二つ目が、カレンダー上の予定を登録したい日時をドラッグするやり方です。
例えば、22日の19時から21時に予定入れたかったら、19時のところ長押ししてとてと新しい予定出てくるので、これを19時から21時ドラッグしてあげると、あと19時から21時の時間になった予定が立ち上がり、同様に項目を入れていけばいいです。
この操作は既に登録してある予定を動かす時にも使えます。
予定の時間が変更になった時は、長押しして動かせます。
予定の日にちが変更になった時は、週表示にして日にちも長押しで動かせます。

スポンサーリンク

予定を忘れないように通知する方法

特に事前の準備が必要な予定とかは、事前に通知をさせておくと安心です。
予定を作成する画面で通知を追加で、「10分前」とか「1時間前」「一週間前」とか「カスタム」で自由に何週間前とかでできるので、予定が入った時とかに事前に行かなきゃなとかわかるわかります。必要に応じて使うと良いと思います。

予定の場所を登録して「Google マップ」で表示する。

予定を入れる時、場所も入れられますね、これを押すと 「Google マップ」が立ち上がってその場所が表示さレます。
事前に場所を入れておくと行く時にスムーズですね。

「Gmail 」に送られてきた予定を自動で追加する方法

設定で Gmail から予定を追加するが「オン」になっていると、フライト・コンサート・レストランの予約など予定に関するメールを受信すると、自動的にカレンダーに追加されます。
ホテルの予約をした時に、予約確認のメールがホテルから届いただけでメール本文に書いてある日付にホテルの宿泊予定が入るんです。予定を開くとちゃんと、場所とかチェックインチェックアウトも書いてあってメールで詳細も見られます。もちろんホテルの場所のところは押すと「 Google マップ」に表示されるようになっています。
メールが届いたってだけで何もしなくてもGoogleカレンダーに予定に入れてくれます。

過去の予定を検索する方法

紙のスケジュール帳と違って過去の予定を検索できるのも Google カレンダーの便利な点です。
グーグルカレンダーであれば過去のたくさんの予定の中から、いつだというのを探し出すことができます。
Google カレンダーアプリの場合、メニューの3本線を開いて「検索」があるので、こに入力します。
アプリの場合、最近の予定は検索できますが、あまりにも昔の予定は出てこないので、以前予定を探したい時はパソコンで検索するか、手元にパソコンがないときは SafariなどウェブブラウザでGoogleカレンダーを開きます。 Google カレンダーと検索してと開くと、細くてやりにくいのですけど、検索したらアプリで出てこなかった予定も検索できます。
こんなふうに過去の予定が分かると、日付をもとにいろんなものを探す時に非常に便利です。

今回は Google カレンダーの基本的な使い方を紹介しました。
活用の仕方次第で、仕事やプライベートの様々なスケジュール管理を大幅に効率化できそうです。