au Galaxy Z Flip予約開始!使用レビュー auかえトクプログラムで安くなるか検証してみた結果←これ

スポンサーリンク

本日はGalaxyの新しい折り畳みスマホ縦折りの「Galaxy Z Flip」のレビューをします。
Galaxyのブランドショーケースである、Galaxy原宿で実機を触ってきましたので特徴と使用感をお伝えします。

「Galaxy Z Flip」の特徴は、化粧品メーカーのランコムさんと共同で開発された
コンパクトで片手でも容易に収まるデザインです。
開くと、ディスプレイが6.7インチで大画面の仕様となっており
従来のスマートフォンの様な大画面をコンパクトに持ち運べるかたちになっております。
カラーカバーディスプレイでは、時間の確認やLINEの通知、不在着信などマークがついて確認することができます。
カメラ機能ですが、カメラを起動して頂いて折りたたむと半分の画面になり
テーブルなどに置いたままの撮影が可能なので、ノーハンドでご自身の撮影ができたり
ビデオチャットなどに適した仕様になっております。
外カメラではモードをオンにするとカバーディスプレイで今撮っている画面を確認する事ができます。

折り目については光の当たり加減で見える場合もありますが
ディスプレイに関してはGalaxy Fold は特殊な樹脂でできているのものに対して
こちらはガラスのディスプレイとなっているので
折り目が見えにくく強度が増しているというのが、Galaxy Foldからの違いです。
ただ、Galaxy Foldとは全く別シリーズのものになり
ラグジュアリーな、どなた様でも気軽に持って頂けたり
これからのトレンドを意識したものになります。
カラーは、ミラーパープルとミラーブラックの2色の展開となっております。

コンパクトさやデザインは、比較的女性向けのイメージです。
化粧品メーカーのランコムさんとデザインを開発しているので
パープルは女性の方にはすごく可愛らしく
同行品で付いてるカバーが透明で、このミラーパープルを存分に発揮できます。
折りたたむと手のひらに収まる、ファンデーションケースの様なデザインなので
女性向けあるいは女性に喜ばれるスマートフォンという印象を持ちました。
Galaxy Foldが、たたんだ状態がスマホ、広げるとタブレットの様に使えるのに対し
Galaxy Z Flipは、スマホをさらにコンパクトにするという意味合いが強くなります。
Xperia1を折りたたんで持ち運べると考えると、イメージし易いかもしれません。

Galaxy Foldのディスプレイが樹脂製だったのに対し
Galaxy Z Flipは超薄型のガラスを採用しており
Galaxy Foldに比べ折り目が目立つとの報道もされておりましたが
私が本日目にした限りではそれほど気にはなりませんでした。
ただ海外では早速、普段使いでパカパカしていたら割れてしまった
と耐久性を疑問視する報告もあがっているようです。

発売は2月28日でGalaxy Fold同様、au専売となっています。
カラーバリエーションは、ミラーパープル、ミラーブラックの2色展開で
メディアなどのリリースでは、税込17万9,360円、税抜16万3,055円とありましたが
本日現在auオンラインショップで価格をチェックすると
機種変・MNP・新規に関わらず
一括又は分割総額18万1,440円、税抜16万4,945円となっています。

尚、auは2月21日より、新しい端末購入補助プログラム
かえトクプログラムをスタートさせます。
このプログラムを適用すると、機種変更後の端末返却を前提として
本体代金から3割から4割差し引いた6割前後の端末代金だけで
約2年間対象スマホが利用できるようになります。
これまでの仕組みと変わらない気もしますが
auはこれを、国内のMNOによる購入プログラムとしては初めて
自動車購入時の選択肢のひとつである残価設定型方式を採用した、としています。

24回払いを前提として、購入機種の2年後の買取想定額を残価として設定し
販売価格から残価を引いた額を23回にわけて支払う仕組みです。
25ヶ月目には端末を返却して買い替えるか、もしくは残債を一括で支払うか
または再審査の上で分割払いを継続するか選択できるそうです。
以前あったような、プログラム利用料は発生しません。
尚、auユーザー以外が端末のみ購入する場合も利用できるとしています。

スポンサーリンク

この、かえトクプログラムは高価な機種を手に取りやすくする仕組みではありますが
au側が機種ごとの残価設定をする事で、従来の端末補助制度ではカバーできなかった
廉価機種、例えばGalaxy a 20・AQUOS sense 3やiPhoneの古いモデルなども対象として想定しているようです。
なので安くなるかどうかはケースバイケースですが、高価な端末を購入する際の選択肢が増えるのではないでしょうか。
端末についてざっくりおさらいすると、開いた状態では約6.7インチの大画面で
折りたたむとポケットや小さなハンドバックにすっきり収まるファッション性の高いコンパクトデザインです。

折りたたんだ状態でも時間や通知を確認できるカバーディスプレイを搭載。
そのカバーディスプレイで被写体を確認しながら
メインカメラでセルフィーが撮影できるため、綺麗な撮影が可能となります。
フレックスモードによりハンズフリー撮影が自由に。
最適なUXに自動的に変更されるので、多彩なアングルからの撮影や
端末を置いたままでのセルフィー撮影、ビデオ通話を手軽に楽しむ事ができます。

曲がる、開く、想像を超える。
極限まで美しい全画面高精細ダイナミックAMOLEDディスプレイは
HDEテンプラスに対応し、ダイナミックトーンマッピングを実現。
より色鮮やかな色彩を再現できます。
Galaxy史上初、折りたためるガラス製ディスプレイ
インフィニティフレックスディスプレイを採用。
スクリーンにガラス素材を採用する事で、パンチホールの搭載が可能になり
よりシームレスで没入感の高いディスプレイを実現しています。
また、Galaxy Z Flip用のオフィシャルカバーも、3月発売予定となっています。

店員さんに予約状況を確認しましたが、現時点ではそれほど入っていないようです。
Galaxy Foldより端末代金が7万円ほど安くなったとはいえ
その分実用性も低い、ととらえる方もいらっしゃいますので
この辺り新し物好きな方以外にどのように訴求していくのか、がポイントになりそうです。